キャッシュディスペンサーの歴史はかなり古い

コンピュータや通信技術が進歩したことによって登場したのがキャッシュディスペンサーです。これが登場したのは昭和50年頃ですからかなり歴史は古いです。駅やデパートなどに設置されます。ATMが登場したのは昭和50年代の中頃ですから、少し遅れての登場となります。ATMとの違いについて触れておくことは必要でしょう。キャッシュディスペンサーは歴史的に見ても古いのですが、これは現金を出金する機能しかありません。ATMは入金も出金もできますから、この点では違っています。歴史としてみた場合、キャッシュディスペンサーが登場して、それをさらに改良してATMが作られたと言えるでしょう。現在では多くがATMとなっていますが、預けることのできないものもあります。物理的に紙幣を数える技術は非常に高度なもので、当時は多額の資金を投じて研究が進んだのです。現在ではコンビニでも利用できるATMですが、その開発には色々な努力があったのです。

キャッシュディスペンサーでお金に出し入れする限度額

以前は、銀行や金融機関にあるキャッシュディスペンサーから、いくらでもお金の出し入れや振込をする金額に限度額はありませんでした。ところが、近年になって詐欺などでキャッシュディスペンサーを利用してお金を振り込ませたりすることも増えてきました。そのようなことがあって、今では多くの金融機関でキャッシュディスペンサーで取り扱い出来る金額が定められています。振込や引き出し、預け入れなど、それぞれの取引に限度額が定められています。同じ銀行であれば、別のキャッシュディスペンサーを利用したとしても、限度額は変わることはありません。では、たくさんのお金をすぐに用意したい場合はどのようにしたら良いのでしょうか。消費者金融などからお金を借りた場合は、一日に借りられるお金が定められていることはありません。審査を受けている金額までならば、一気に多くのお金でも借りることが可能なのです。どれくらいの現金が必要になっているのか、またいつまでに用意しなければいけないのか。それによって、お金を借りる会社を変えても良いかもしれません。

キャッシュディスペンサーで振込をする場合は手数料に注意

金融機関が設置しているキャッシュディスペンサーを利用してお金の振込をおこなう場合は、手数料がかかる点に注意しなければなりません。キャッシュディスペンサーから振込を実施する時の手数料には振込手数料と時間外手数料があり、前者は一度に入金する金額によって、後者はキャッシュディスペンサーの利用時間によって手数料の金額が異なります。例えばある金融機関では、入金時の手数料が3万円未満の場合は108円、3万円以上の場合は324円となっており、時間外手数料については、8時から8時45分までの時間帯と18時から23時までの時間帯は108円、23時から翌日の8時までは216円の手数料となっています。しかし、別のある金融機関では、入金が3万円未満の場合の手数料が216円、3万円以上の場合の手数料は432円となっており、時間外手数料については一律で108円となっています。大抵の金融機関は、平日の窓口業務を実施している時間帯に一番手数料が安くなる仕組みをとっているので、キャッシュディスペンサーを利用する場合はなるべくこの時間帯に済ませると良いでしょう。とはいえ、まずはお金を借りる準備から始めないとダメですね。特に主婦の人はローン会社選びに苦労します…総量規制対象外カードローン比較【銀行ローン攻略法】などの優しいサイトも多くあるので色々とチェックしてみると良いでしょう。

キャッシュディスペンサーとATMに存在する異なる点

コンビニ設置される事が多いATMは、銀行窓口の代わりになる機械で、店頭の対面と同等に近い操作が行えますから、忙しい人に役立つ存在として活用されています。進化が著しいATMですから、複数のカードに対応したり、夜間の業務に応じる機器も珍しくは無く、設置スペースの小ささも特徴の一つなので、様々な場所で営業を行っています。一方のキャッシュディスペンサーは、現金を自動で支払いを行う機械ですから、預け入れ可能なATMとは違い、お金の引き出しで使われる機器です。また、キャッシュディスペンサーは銀行とは異なるので、振り込みや預金用途に使えない点が、大きく違うポイントになります。比較的機能は少ないキャッシュディスペンサーですが、大切な顧客の現金を預かる事に変わりはありませんし、残高照会や引き出しの役割りは担えますから、お金を使いたい場合に特化した設備といえます。それぞれの違いや、身近に設置された場所の把握をしておけば、使いたい時に最適な選択が行えるので便利です。

キャッシュディスペンサーで小銭の出し入れ

キャッシュディスペンサーによっては紙幣のみならず小銭の出し入れをすることもできます。小銭の利用できるキャッシュディスペンサーの場合、貯金箱の小銭を預けるのに利用すると便利なのでおすすめです。窓口に持って行き、預けることもできますが近くに銀行が無い方でしたら非常に面倒です、しかしキャッシュディスペンサーでしたら全国あちこちにありますので気軽に預けられます。ただ一つ注意があります。キャッシュディスペンサーの場合は一度に預けられるのは100枚までです。それを超えて入れてしまいますと100枚を超えた分は戻ってきます。また10円玉でへりにギザギザのついているものは預入できない可能性があるので注意してください。非常に多く預ける場合混んでいる給料日前などは他の方の迷惑になるので避けたほうがいいでしょう。ちなみに処理をするのには少し時間がかかります。紙幣を預けるよりも時間がかかる事は知っておいてください。

このページの先頭へ